1月7日よりOathは、 Verizon Media Group(ベライゾン・メディア・グループ)と新しいブランドで展開を開始しました。同社はこれまでに培ってきたデジタルメディアでの膨大な資産を活用して事業展開を拡大していく意向です

ベライゾングループでは、様々なサービスと消費者製品に簡単にアクセスできるようになり、統一された広告プラットフォームによって、広告主や出版社は、ビジネス上の課題を解決を簡素化しました。

この四半期にテレビやオーディオに繋ぐデジタルOOHなどのフォーマットや、独自の技術提供を含む20以上の新機能の開発で、広告機能の位置を確固たるものにしています。

また、ベライゾンはパブリッシャーに対して、これらの媒体と革新的なオークションシステムを通して、新しい機会を提供しました。これらの機能強化により、提携企業はよりスマートな個人向けサービス開発の提供と、継続的な収益活動協調体制の改善に従事できるようになっています。

例として、ベライゾンは、様々なヤフーアプリ(天気、好きなスポーツチームのスコアとゲームのハイライト、トップニュース、株価、マーケットニュース、経済状況、オリジナル動画コンテンツ、ウェブ検索など)を、数ヶ月で立ち上げて提供しました。

消費者が女性関係のサービスやお金、金融サービスなどのコンテンツでヤフーファイナンスを利用できるようにし、Apple TV、Roku、YouTube、Twitter、LinkedIn などとオフネット配信の機会を拡大しました。また、1月7日から始まる8時間のライブマーケットの配信を拡大します。

ヤフーメールは、利用者が購入するものの最低価格を取得し、またオンラインショッピング昨日を向上させるため、会員がお得な情報やクーポンを見つけるのを助けるためのサービスを開始しました。

ヤフーライフスタイルは、ネットワークを駆使して、有名人と消費者、ブランド、製品の情報、相互の買い物体験を繋げるサービスを立ち上げました。このユニークなサービスは、女優で企業家のニコール・リッチーと女優で歌手のジャネル・パリッシュが関わっています。

ヤフーニュースは、1ヵ月にジョージ・コンウェイとのインタビューから始まり、ロシアのスキャンダル、ケイトリン・ディクソンの報じた排他的な移民問題など、少なくとも10以上のスクープを取り上げました。

ベライゾングループはXR(拡張現実)、AI、機械学習、携帯端末、5G技術など、未来のテクノロジーに関する開発に注力するとのことです。