株式会社ジャストシステムが運営するマーケティングリサーチ情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」が、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしているネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した動画&動画広告 月次定点調査(2019年1月度)の結果を発表しました。

スマートフォンで不快感を抱くのは「バナー広告より動画広告」

スマートフォンでバナー広告「静止画の広告」と「動画広告」の両方を見掛けた人のうち、「動画広告よりバナー広告に不快感を持った」人は10.9%、「どちらも同じくらい不快だった」人は31.9%、「バナー広告より動画広告に不快感を持った」人は18.7%でした。

「どちらも特に何も感じなかった」人も36.8%いる一方、「バナー広告」より「動画広告」に不快感を持つ人が多いことがわかりました。

「バナー広告」のエンゲージメント率は「動画コンテンツ視聴前後の動画広告」よりも高い

Advertising

スマートフォンで見掛けた広告の中で、「購買やクリックなど何らかの行動につながった」「内容に興味を持ったなどの「何らかの態度変容(エンゲージメント)につながった」と答えた人の割合が最も高かったのは、「SNSなどのタイムラインに表示される動画広告」(32.3%)でした。
また、「動画コンテンツ視聴前に表示される動画広告」の場合は25.0%、「動画コンテンツ視聴後に表示される動画広告」は26.0%、「バナー広告(静止画の広告)」は29.6%でした。

「動画コンテンツ視聴前後に表示される動画広告」よりも、「バナー広告」の方がエンゲージメント率が高いことがわかりました。

レシピ動画アプリの利用率トップは「クラシル」

レシピ動画アプリ利用者に、利用中のアプリを聞いたところ、「クラシル」が最も多く(50.0%)、「DELISH KITCHEN」(45.6%)、「cookpadTV」(35.3%)と続き、「クラシル」は2018年1月度調査(48.0%)と比べて2ポイント伸長しました。  

10代の4割以上が「動画編集アプリ」を利用中

スマートフォンで撮影した動画にフィルタの適用やシーンの切り取りなどの編集が行える「動画編集アプリ」を利用している人は17.3%でした。
特に10代、20代における利用率の高さが目立ち、10代(45.3%)、20代(30.1%)、30代(14.6%)、40代(9.6%)、50代(7.0%)、60代(5.1%)となりました。