Gridgeがクロスカルチャーをコンセプトにしたサブミッションメディア「tone」を近日スタート

アーチスト・クリエイター・パフォーマーが集まるクリエイティブプラットフォーム「Gridge」はクロスカルチャーをコンセプトにしたサブミッションメディ「tone」を近日スタートします。

サブミッションメディアに取り組む理由

サブミッションメディアとはアーチストが作品や楽曲を提出(サブミッション)して、メディア側が厳選し配信するメディアのことです。海外ではすでに数百、数千人の登録者がいるYouTubeチャンネルがあり、その配信をきっかけにブレイクしたアーチストやクリエイターも数多くいます。

そこでtoneは、Gridgeに登録するアーチストなどをクロスカルチャーで繋ぎ、新たな才能の発掘やグローバルへ繋がる露出のきっかけとして「tone」を運営していきます。

Gridgeが目指すものは…

昨今の国内人口の減少・市場の縮小からを受け、データをもとに世界を見据えた可能性をどう見出すかが課題になっています。
そして、クリエイティブは音楽×イラスト、音楽×パフォーマンスなど、ほかのカルチャーと掛け合わせることで、価値を何倍にも増幅させることが出来ます。

その中でGridgeは、クリエイティブ配信プラットフォームとしてその切っ掛けを作っていきます。また新たなサブミッションメディア「tone」とも連動することにより、クリエイターたちの創作活動の可能性をグローバルに広げることを目指しています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

期待の新メディアスタートアップ「セマフォー」とは?【Media Innovation Weekly】7/4号

ニュースサイクルが一巡し、ニュースメディアの成長は一段落した感がありますが、2024年の大統領選挙に向けて、この領域にチャレンジしようとするスタートアップ「セマフォー」(Semafor)が注目を集めています。

NewsPicks、新編集長に泉秀一氏が就任「希望を灯すメディア」を目指す

ソーシャル経済メディア「NewsPicks」は、...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger