クリエイターサポート事業やインフルエンサーマーケティング事業など幅広く展開するUUUM株式会社と、ソーシャルメディアマーケティングに強みを持つ株式会社ガーブーが、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

UUUMは、人びとに「新しい体験」をコドモゴコロある発想で提供するコンテンツカンパニーで、7,000以上のYouTubeチャンネルに対するマネジメント・サポートを中心に事業展開を行っています。UUUMのクリエイター全体で、月2万本以上の動画を世の中に輩出し、月間の動画視聴回数は40億回以上動画視聴時間は3億時間以上に達しています。

ガーブーは、大手小売企業やメディア事業者、メーカー等、多種多様な業種の「SNSの中の人」として、ソーシャルメディアアカウント運営の戦略策定から企画、運用業務まで、トータルサポートを展開し、国内トップクラスのSNSアカウント運用及び広告運用、インフルエンサーマーケティング実績を有しています。

今回の資本業務提携により、ガーブーからUUUMの専属クリエイターに向けた、ソーシャルメディア活用に関する知見の提供、SNSを通じた収益機会の創出などが実現し、UUUMが重要な戦略のひとつに掲げる「インフルエンサー経済圏の拡大」を加速させると期待できます。

また、UUUMのインフルエンサーマネジメントプラットフォーム「LMND(レモネード)」事業の成長に向けても連携を活かし、インフルエンサーの裾野拡大を通じて、新しい市場の開拓を進めていくとしています。