アニメやゲームに特化した 「君にシンクロするニュースアプリ」 『ハッカドール』を運営する株式会社DeNAが、2019年8月15日にサービスを終了することを発表しました。

サービス終了にともない、提供機能の一部終了・停止および仕様の変更を順次実施。ニュース機能につきましては、サービス終了日まで利用が可能です。

サービス終了スケジュール

  • 2019年5月15日(水)12:00 プレミアムマスターの新規登録の受付停止
  • 2019年5月15日(水)12:00〜順次 既存プレミアムマスターの月額課金自動更新の停止
  • 2019年5月中旬〜下旬頃 アプリバージョンv7.3.0へ強制アップデート実施
  • 2019年8月15日(木)12:00 サービス終了

WEB版「ハッカドール」につきましても、アプリ「ハッカドール」と同じく、2019年8月15日にてサービス終了となります。

プレミアムマスターの新規受付は、2019年5月15日をもって終了となりました。また、既存のプレミアムマスターに対しては、2019年5月15日より順次、月額課金の更新停止処理を実施し、月額課金が停止された後も、自動更新の有効期限まではプレミアムマスター機能を利用できるとのことです。

アプリ終了後の返金対応につきましては、プレミアムマスター会員証画面のスクリーンショット及びハッカドールと連携をしていたSNSアカウントが必須となります。

運営チームのコメント

今回のアプリサービス終了を受けて、運営チームは以下のようにコメントしています。

たくさんのハッカドールの企画を提供しているなかで、マスターさんをびっくりさせるような突然のお知らせになってしまったこと、本当に申し訳ございません。
「エンタメとの出会いを提供し、楽しむことをはかどらせる橋渡し役」となるべく、提供してきたニュースアプリハッカドールですが、この変化の激しい世の中で、なんとか5年もサービスを継続できたのは、マスターさんたちのおかげです。

TwitterやYouTubeでいただいた、マスターさんたちの声、一同いつも嬉しく感じ、励みになっています。本当にありがとうございました。

2019年8月15日(木)迄、ニュース配信サービスの提供は継続します。マスターさんに喜んでいただけるよう、残り約3ヶ月間も頑張っていきますので、引き続き最後までハッカドールをどうぞよろしくお願いします。