株式会社TABILABOは戦略的資本業務提携を目的にD4V1号投資事業有限責任組合、電通ベンチャーズ1号グローバルファンド、株式会社アカツキ、みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合を引受先とした第三者割当増資を実施しました。

また、2019年7月下旬開催の定時株主総会において定款の変更が承認されることを前提とし、8月1日より「NEW STANDARD株式会社」に社名変更すること決議しました。

戦略的資本業務提携について

TABILABO社は創業からスマートフォンを軸にしたメディア事業を展開。従来のWEBメディア企業の枠組みを超えた成長を続けてきました。

今回の業務資本提携は、メディア事業ならびに、2017年より始動したBRAND STUDIO事業を引き続き力強く牽引し、新規事業を推進していくことを狙いとしています。

社名に伴う、NEW STANDARD社へのリブランディング及び事業戦略の策定から既存事業の開発、D2Cなどの新規事業目まで、電通ベンチャーズ、D4Vと共に実施予定です。

NEW STANDARDに社名変更

TABILABO社は2019年8月1日からスマートフォンメディア運営から3つのSTUDIO事業を通じて社会にムーブメントを起こし、ミレニアル世代が熱狂するアイデアと企業やブランドのビジネス課題解決を提供するNEW STANDARDに生まれ変わります。

社名には人々が心の底から熱狂するものや本当に欲しいと思うもの、社会をより良い方向に切り拓いていく新たな才能やイノベーションを社会へ広げ、共に新しいスタンダードを創っていくという意志が込められています。

NEW STANDARDの3つのSTUDIO事業

■MEDIA STUDIO

創業当初からスマートフォンメディア『TABI LABO』を通じて、世界中のトレンドやコンテキストを理解し、発信しています。またコンテンツをスマートフォンに最適な形で届けることに注力し、記事だけでなく動画やイベント等の制作体制を社内に抱え情報を発信。ミレニアル世代と直接つながり、新たなムーブメントを世の中に生み出し続けています。

■BUSINESS DESIGN & BRAND STUDIO

従来のマーケティングフレームワークにとらわれないミレニアル世代の熱狂を起点としたマーケティングのアイディアやソリューションを提供。他社にはない独自のメソッドで企業やブランドのビジネス課題の解決、新たな価値創造を実現していきます。

■PRODUCT STUDIO

イベント&カフェスペース「BPM」の運営。WEBやスマートフォンのコンテンツでは伝えきれない体験型コンテンツを提供、感性を刺激する空間を作っています。2019年秋にはD2C事業を本格的に立ち上げ、これまで培ったノウハウを強みに、プロダクトやサービスを続々と生み出します。