日本でも人気のSNS、Instagramが7日、国内の月間アクティブアカウント数が3300万を突破(2019年3月時点)したことを発表しました。

日本におけるInstagramコミュニティは引き続き拡大を続けており、以下をはじめとする様々なデータや調査から、 Instagram が日本の利用者の日常の一部となっていることが読み取れます。

【 日本における Instagram 利用の特徴 】

  • 日本の利用者は男性が43%、女性が57%と利用者層が多様化*1
  • 日本におけるデイリーアクティブアカウントの70%がInstagramストーリーズを利用(2018年10月)
  • 日本の利用者がハッシュタグ検索をする回数は、グローバル平均の3倍(2018年5月)

*1出典:カンタージャパンによるFacebook委託調査、2018年5-6月

また、今週で国内ローンチから1周年を迎えるショッピング機能についても、日本における利用が急速に進んでいると発表しています。日本はショッピング機能の利用が世界で最もアクティブな国のひとつであり、多くの利用者がショッピング機能に対応した投稿をタップし、商品詳細ページを訪れていることがわかっているとのことです(Instagram内部データ 2019年6月時点)。