Gunosy、世論調査やブランドリフト調査が可能な「Gunosyリサーチ」の提供開始

株式会社Gunosyは、アンケート商品「Gunosyリサーチ」の販売を開始したことを発表しました。「Gunosyサーチ」では、情報キュレーションアプリ「グノシー」のユーザーへのアンケート配信が可能になります。

複数のアプリを利用し、50代以上にもリーチ

この新サービスでは、Gunosyの自社アンケートツールを活用し、世論調査や企業におけるマーケティング調査、また広告のブランドリフト調査などを目的としたリサーチが可能となります。

また、複数のアプリを活用して若年層から高年齢層まで、幅広いユーザーの一般的な意見を収集することが可能です。リーチするのは情報アプリのユーザーであるため、アンケート回答への興味度が低い層や、ニュース等の社会トレンドに興味がある層にもコンタクト可能で、より世間一般の意見を収集できます。

さらに、累計3,000万ダウンロードを超えるメディアを通じたアンケートとなるため、最短数時間での回収結果の提供が可能。素早く幅広い層の意見を多数集めることができるという点を活かし、フジテレビの「Mr.サンデー」と連携をしているとのことです。

今後のサービス展開予定

Gunosyが提供するアプリ内で培ってきたアルゴリズムを元に、ユーザーの興味関心や様々な属性へのターゲティングを可能にするとしています。今後は、KDDI株式会社と共同で提供するニュース配信アプリ「ニュースパス」や、女性向け情報アプリ「LUCRA(ルクラ)」内でのアンケート配信も予定しています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,431フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事