アウトブレイン ジャパン株式会社が2019年9月4日にグーグルが運営するDSPディスプレイ&ビデオ360との接続が完了したと発表しました。この接続でマーケターはアウトブレインのネイティブインベントリを最大限活用することが可能です。

BidSwitch経由でディスプレイ&ビデオ360と接続することで、広告主や広告代理店はプレミアム広告体験を大規模に、効果的かつダイレクトなルートで提供が可能となります。

各社のコメント

■Outbrain Inc.戦略担当上席副社長 Gilad de Vries(ギラッド・デ・ブリーズ)氏

OutbrainのGilad de Vries氏は「レミアムネイティブインベントリをより効率的にバイイングできるようになり、弊社によるマーケターの皆様に向けたプログラマティックスペースと革新的なネイティブソリューションの両方へのさらなる投資となる。」とコメント。 「私たちのプラットフォームと提供するサービスは、現代の広告主/広告代理店・媒体社の皆様のニーズに応えるべく絶えず進化している。ユニークなディールへの継続的な投資とインベントリパッケージはそのひとつの現れである。」 と述べています。

■TradeLab社 Adex and Programmatic Partnerships責任者 Philippe Imbert(フィリップ・アンベール)氏

アウトブレインのクライアントの一つである、TradeLab社のPhilippe Imbert氏は「私たちはクライアントがプレミアムパブリッシャーに訪問するターゲットにリーチできるよう、また、クライアントのデジタル戦略のパフォーマンスを向上させるためアウトブレインをスタートさせた。」とコメントしています。

■BidSwitch ジェネラルマネージャー Barry Adams(バリー・アダムス)氏

「質の高いネイティブインベントリへのアクセスを確保することは、BidSwitchのパートナーにとって常に最優先するべきこと。アウトブレインと協力して、プレミアムネイティブ提供の新しい可能性を開拓し、広告主がBidSwitch上でGoogleのディスプレイ&ビデオ360プラットフォームを使ってバイイングができるようになることをとても嬉しく思う。」と、BitSwitch社のBarry Adams氏はコメントしています。