株式会社グライダーアソシエイツは、エンゲージメントエンジン「craft.(クラフト)」を開発したことを発表しました。媒体社向けにはメディアの成長支援及び収益支援を行う「craft. for publishers」、広告主向けにはブランディングやサイト集客のための良質なアドネットワーク、およびサイト内での回遊、WEB接客機能をもつ「craft. for advertisers」の提供を開始するとしています。

craft. for publishersについて

媒体社向けには、「メディアが作るクオリティの高いコンテンツが、世の中に供給され続ける仕組みを創る」をミッションに次の機能を提供するとしています。

  • ユーザーの内部回遊を促す機能
  • ユーザー行動に合わせてメッセージやアンケートを出し分けするWEB接客機能
  • ユーザー行動データを分析して提供

そのほか、メディア運営の現場作業を効率化するための様々な運用支援機能も搭載しています。すでにファッション、ライフスタイル、ビューティー、お出かけ、エンタメ、ビジネスなどの幅広いジャンルで80を超える良質なメディアと連携を開始しており、順次、ネットワークを拡大していく予定です。

craft. for advertisersについて

「嫌われない広告から、好かれる広告へ」をコンセプトに、ユーザーが今まさに読んでいるメディアのコンテンツの文脈を捉えたコンテキストマッチ型広告の仕組みを提供していきます。

1.コンテキストマッチ型広告「craft. Ads」

craft. オリジナルの広告枠にリッチな静止画クリエイティブ「Brand Reach(ブランドリーチ)」とコンテンツページやLPへの送客を目的に、提携するメディアの記事下のレコメンド枠内に広告を配信する「Standard Native(スタンダードネイティブ)」の2つのメニューを提供し、広告の使い分けが可能です。

2. 内部回遊/WEB接客機能「craft. Growth Tool」

キャンペーンLPなどのオウンドサイトへ訪れたユーザーのサイト内行動をより活性化させるためcraft. for publishersで提供している内部回遊機能、WEB接客機能、データ分析機能を一定金額以上の出稿を条件に提供していきます。

この機能により、オウンドサイトのコンテンツを完読したユーザーに対して態度変容効果を測るアンケートを収集することや、来訪頻度の高いユーザーにのみキャンペーンクーポンを配布するなど、ユーザーとのより深い1to1のコミュニケーションが可能になります。

すでに2019年7月からcraft. for advertisersのβ版提供を開始し、外資系ラグジュアリーブランドや自動車メーカーなどが出稿しています。

今後も「嫌われない広告から、好かれる広告」の実現に向けて機能をアップデートし続け、事業拡大をしていくとのことです。