Piano Software、Cxenseの買収を完了

Piano Softwareは、パブリッシャー向けに最適化されたDMP(Data Marketing Platform)を展開するCxenseの買収が完了したと発表しました。

Piano Softwareはサブスクリプションを実装するためのプラットフォーム「piano」を展開していて、Cxenseの1stパーティデータマネジメント、レポートと分析エンジン、コンテンツレコメンデーション、パーソナライゼーションを統合し、収益化とユーザー体験を強化していくとしています。

Piano Software社の最高経営責任者トレバー・カウフマン氏は「Cxenseは強力なプラットフォームであり、Pianoの製品機能を見事に補完するものです。マーケターやメディア企業は、カスタマイズされたデジタル体験やユーザーとの営利的な関係を構築したいと考えており、Pianoは今までそのゴールを達成すべく努力してきました。そのような中、Cxense独自のデータドリヴンなアプリケーションとハイボリューム・リアルタイムデータエンジンを追加できるようになった今、市場で類を見ない統合プラットフォームを構築することで、私たちは更なるインサイトの提供が可能となることでしょう。」とコメントしています。

また、CxenseのCEOであるクリスチャン・プリンツェル・ハルボルセンは「このような優れた2つの企業の合併は、究極的なソリューション開発を可能にし、類稀なるエンゲージメントとコンバージョン提供、そして顧客リストの更なる成長が約束されたも同然のことです。」と述べています。

Cxenseでは既存のソリューションは今後も変わらず提供していくとしています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事