fbpx

凸版印刷、AIを使った校閲・校正システムを開発・・・金融機関向けに提供開始

凸版印刷株式会社がAI技術を活用した、企業ごとの基準に合わせて文章の校閲・校正を行う「AI校閲・校正システム」を開発。2019年10月より全国の銀行やカード、生損保会社など金融業界向けにサービス提供として提供販売を開始します。

開発の背景

消費者とのコミュニケーション方法や流通チャンネルの多様化により、企業の情報発信量は増え続けています。その中で、印刷物・デジタル媒体などの制作物も増加傾向にあります。

金融機関の制作物は難解な専門用語も多く、確認者が2重3重のチェックを実施するなど、校閲・校正の負担が高まっていました。また、間違った情報発信によるブランドイメージの既存やSNSでの炎上リスクも高まっていて、業務効率化とリスク回避の両面で対策が求められていました。

それらの課題に対して凸版印刷社は、長年培ってきた言語処理技術とAI技術を活用した文章校閲・校正技術開発への取り組みを強化・継続しシステムの開発に至ったとのことです。

システムの特徴

凸版印刷の校閲・校正システムの特徴は以下になります。

・AIを活用した誤表記検出

AIが業界・導入企業の特有の表記や専門用語を学習することで、各企業が保てめている基準に合わせて誤表記を検出。「てにをは」の誤用や漢字誤変換、誤字脱字なども文脈に合わせて判断・検出が可能。

・制作レギュレーションを管理

媒体制作のルールや基準をシステムが管理し、異なる制作者・管理者による品質のばらつきを防止。媒体ごとに異なるレギュレーションを複数管理することも可能。

・制作業務に最適なインターフェース

確認者による完成文書に対するチェックだけでなく、制作段階からの文章チェックにも合わせたインターフェースをそれぞれ提供。制作時のチェックからオンラインでの赤字入れ、修正指示出しまでの制作フロー全体のデジタル化・効率化を支援。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

不透明な時代に団結するメディア人たち【Media Innovation Newsletter】5/16号

新型コロナウイルスの感染拡大によるパンデミックは、メディア企業に大きな打撃を与え、ニューヨーク・タイムズは12月に3万7000の職が失われたと報じました。また、Poynterはコロンビア大学と共同で、どの地域で職が失われたかというマップを公開していますが、全国に広がっている事が分かります。

ソーシャルメディアの最適な投稿時間は? 最新の調査結果が明らかに

米国においてソーシャルメディア・マネジメ...

ポートの通期は増益ながら積極的な投資で赤字、今期は黒転予想

ポート株式会社が13日に発表した2021年3月期...

お知らせ

関連記事