広報・PRの支援・コンサルティングを手がける総合PR会社の株式会社プラップジャパンと投稿モニタリング、ネットいじめ対策、ソーシャルアプリのカスタマーサポート、SNS運用代行、スタートアップのグロース支援等をサービスとして展開するアディッシュ株式会社が、SNS投稿やPR活動全般で発生しうるリスクを事前に分析する『ネット炎上リスク診断』サービスの提供を、2019年11月1日より開始します。

本サービスの提供にあたり、両社は炎上事例データベースを共同開発しました。

アディッシュが手掛けるSNS監視サービスを通じて蓄積した膨大な炎上事例データに対して、プラップがWebニュース記事のSNS上での反応を計測する独自システム『Buzz News Analyzer』を活用し、「どのような話題が」「いつ」「どのメディアで」「どれだけバズを起こしているのか」というメディア報道データと関連付け、新たにデータベース化しました。

一方で、企業によるSNSやPR活動時の発信から「炎上」に発展するケースも多く、企業の情報発信は他者からSNSで共有されることを前提とした時代に合わせた取り組みが求められています。

『ネット炎上リスク診断』サービスの提供により、企業は事前に炎上リスクを見極め、PR活動をはじめ、SNS運用方針の策定、広告作成等のプロモーション活動全般のリスク対策を講ずることが可能になります。

※本記事は試験中のプレスリリースAIによって生成されました