ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、教育情報メディア「リセマム」と共同で、親子向けイベント「TikTokを安心安全に楽しもう」を10月27日(日)に開催しました。

「TikTokを安心安全に楽しもう」は、TikTokを子どもと親が一緒に楽しみながら、アプリに実装されている様々な機能やTikTokの安心安全に関する取り組みについて理解を深めることを目的に開催。TikTokが親子向けのTikTok安心安全啓発イベントを開催するのは世界初のこととなります。

当日は、全国から約30名の親子が参加。ByteDance株式会社の執行役員公共政策本部長である山口琢也氏は、イベント冒頭挨拶でTikTokについて「使ったことのない人は不安に思うのは当然です」と話し、「例えば、子どもが遊ぶブランコなどの遊具も実際に使ってみた経験から楽しさや気をつけるべきポイントが理解できるように、お子様が楽しんでいるアプリを一緒に体験することで、その楽しさや気をつけるべきポイントを実感をもって理解することができるのではないでしょうか」とコメントしました。

昔の写真を背景にして動画撮影を楽しめる「#時を越えて」スタンプを利用したワークショップでは、昔の家族写真を使いながら実際にTikTokを楽しみました。体験した親子からは「初めて動画を作ったが、思っていたよりも簡単にクオリティの高い動画ができて、面白かった」という声があがりました。

次に、TikTok安全推進チーム責任者の石谷祐真氏が登壇。規約・ポリシー、プライバシー設定方法、報告機能やリスク警告について、自殺防止への取り組みなど、アプリに実装されている各種機能について説明しました。加えて、有名TikTokクリエイターが作成した安全教育動画コンテンツ、NPO/NGOとの「セーフティパートナー制度」、年4回開催している「セーフティパートナーカウンシル」などの取り組みについて紹介。また、TikTokが外部パートナーを交えて行っている様々な取り組みについても紹介しました。

保護者が子どものTikTok利用の一部をコントロールできる「ペアレンタルコントロール」(保護者管理)機能を親子で設定するワークショップでは、「使用時間制限モード」「使用制限モード」「DM制限モード」などを実際に体験。参加した親子から、「同じユーザーが3回ダイレクトメッセージを同じユーザーに送り、そのユーザーから返事がなかった場合は、自動でメッセージを送ったアカウントがブロックされるという仕組みは知らなかった」「SNS全般にネガティブなイメージを持っていたが、説明を受けて印象が変わった」などの意見が寄せられました。

TikTokでは、これまでにも不適切な動画・ユーザーのアプリ内の通報機能、プライバシー設定機能、ペアレンタルコントロール(保護者管理)機能の拡充などアプリで提供できる対策を実施している他、TikTok セーフティセンターの開設、青少年の健全育成に関わるNPOとの連携を強化するための「セーフティパートナー制度」などを行っています。