fbpx

音楽DLサービス・定額配信サービスを利用したことがない人は6割以上【音楽ダウンロードの利用に関するアンケート調査】

マイボイスコム株式会社は、2019年11月1日~5日に実施した「音楽ダウンロードの利用」に関する12回目のインターネット調査結果を発表しました。回答数は10,169件でした。

音楽DLサービス、利用なしが60%超

直近1年間に利用したサービスは(複数回答)、「音楽ダウンロードサービス・無料」が12.1%、「音楽ダウンロードサービス・有料」「定額制音楽配信サービス」が各8%、「いずれも利用したことはない」と回答した人が66.4%と過半数を占めました。

一方で、10・20代のみを見ると「音楽ダウンロードサービス・無料」「定額制音楽配信サービス」がの利用が2割となっています。

有料で音楽をDLするのはPCがメイン

直近1年間に有料音楽ダウンロードサービスを利用した人が、音楽ダウンロードに使用した機器(複数回答)は「パソコン」が59.7%、「スマートフォン」は50.6%で、2018年調査より増加しています。

同様に、直近1年間に有料音楽ダウンロードサービスを利用へ音楽を聴く機器について調査したところ「スマートフォン」が62.5%で最多に。次いで「パソコン」が49.6%、「携帯音楽プレーヤー」が23.4%でした。10・20代では「スマートフォン」が8割弱、「携帯音楽プレーヤー」が3割強となりました。

サービス選定基準は、曲の充実度

直近1年間に有料音楽ダウンロードサービスを利用した人のサービス選定時の重視点は(複数回答)、「好きなアーティストの曲が充実している」が49.6%、「最新の曲が充実している」「曲の検索がしやすい」「懐かしい曲が充実している」が3~4割でした。

また、有料音楽ダウンロードサービスの利用意向は11.5%、10~30代では各2割でした。現在利用者では7割強、非利用者では15%です。定額制音楽配信サービスの利用意向は10.8%で、いずれも利用したくない人は63.0%、高年代層で高い傾向と判明しました。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事