Google、検索結果のニュース表示を改善

Google12月11日(現地時間)は、Google検索結果でのニュース表示を改善したと発表しました。

今回、最新の機械学習をトップストーリーの表示に導入、最も最適でタイムリーな記事を簡単に発見できるようにしたと発表しています。

これまでは最新の検索結果が最上部に来ていましたが、今回の改善により、トップにカルーセル形式で関連度の高い記事が表示されるようになります。また、記事が複数ある場合は、内容ごとにニュース記事がグループ化され、その下に追加の記事が表示されます。

これにより、複数の情報源から質の高いコンテンツををユーザーに提供し、異なったコンテキストや視点の記事を表示することが可能となったとしています。

例えば「NASA news」と検索すると「NASA adds five companies to moon bid」や「NASA detects water vapor on Jupiter’s moon Europa」など、グループ化された検索結果が表示される

この新しい体験を強化するため、Googleはストーリー理解技術を開発。GoogleはBERTモデルを含む数多くの機械学習技術を用いて関連記事を検証しています。Googleの研究では、検索結果を明確に定義されたストーリーにまとめることは、最も関連性の高い最良のコンテンツを見つけることに役立つといいます。

また、その他の重要な情報にも着目しており、著名な引用や関連した意見などをカルーセルに表示することで、ユーザーがより深くニュースを理解する事に役立つとしています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,400フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事