凸版印刷株式会社が、AIを活用することで印刷物・デジタル媒体に関する業界・企業特有の表記や専門用語を学習し、企業ごとの基準に合わせて文章の校閲・校正を可能にする「AI校閲・校正支援システム」を2019年10月に開発しましたが、1月よりみずほ銀行で採用が決定しました。

実証実験で、広告制作物における校閲・校正業務に本システムを活用することにより、作業者の負荷削減やヒューマンエラーの減少などの業務効率化が確認され、有効性が実証されました。

みずほ銀行では、商品・サービスの担当部門が制作したパンフレットなどの原稿で、専門用語などのレギュレーションチェックを確認部門が一括して行っています。

AIにレギュレーションを学習させた自動チェック機能で、確認部門だけでなく制作部門も初期段階からレギュレーションチェックが可能となり、制作者と確認者間のやり取り回数や修正指示の削減を実現。

媒体制作のルールや基準をシステムが管理し、異なる制作者・管理者による品質のばらつきを防止します。

※本記事は試験中のプレスリリースAIによって生成されました