fbpx

「くらしのマーケット」を運営するみんなのマーケットが総額40億円を調達

サービスに関するインターネット商店街「くらしのマーケット」を運営するみんなのマーケット株式会社が、総額40億円の資金調達を完了しました。 

2011年にサービスを開始した「くらしのマーケット」は、サービスに特化したインターネット商店街として、2019年12月末時点の累計出店登録店舗数は、33,000店舗を超えています。

今回、シリーズAラウンドからのリード投資家であるニッセイ・キャピタルおよび、グロービス・キャピタル・パートナーズ、ソニー株式会社と大和証券グループの大和キャピタル・ホールディングスが運営するInnovation Growth Ventures、株式会社ゼンリンデータコムを新規引受先とするエクイティ出資と、日本政策金融公庫からのデットファイナンスで構成される総額40億円です。

今回の調達によって得た資金を、「くらしのマーケット」を国民的なブランドにするための認知向上、業界のデファクトスタンダードとしての地位を強固にするためのプロダクト開発と、関連するスタートアップへの積極的な投資、グローバルにおける大量採用と人材教育に活用するとしています。

【みんなのマーケット株式会社 概要】
会社名 みんなのマーケット株式会社
本社所在地 東京都品川区西五反田4-31-18 目黒テクノビル3F
設立年月日 2011年1月17日
事業内容 オンラインマーケットプレイスの開発・運営
代表者 代表取締役社長 浜野 勇介
資本金等 46億2732万円(2019年12月31日現在、資本準備金等含む)

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事