3月の広告売上速報、インターネットは+20%、テレビ・新聞・雑誌は大幅減・・・博報堂DYHD

大手広告代理店の博報堂DYホールディングスは傘下の主要3社(博報堂、大広、読売広告社)の3月の月次売上高速報を発表しました

それによれば、4マス媒体の中では特にテレビ、新聞、雑誌の落ち込みが3社とも大きい一方で、ラジオは博報堂では増加が見られました。インターネットメディアは博報堂で+21.5%、読売広告社で+71.0%でしたが大広では-16.3%でした。

テレビ新聞雑誌ラジオインターネット
博報堂-11.1%-20.5%-26.0%+34.1%+21.5%
大広-11.4%-33.5%+29.1%-28.7%-16.3%
読売広告社-45.2%-51.5%-6.5%-15.0%+71.0%
各社の媒体別の増減(3月単体、前年同月比)

一方で業種別の増減では、情報・通信や薬品・医療などで増加していますが、金融・保険、家電・AV機器、ゲーム・スポーツ・趣味用品などが減少しました。

各社合計の売上高は博報堂が-5.8%、大広が-13.5%、読売広告社が-18.4%と各社とも前年を割っていて、新型コロナウイルス(Covid-19)の感染拡大の中で広告主の出稿意欲が低下していることが伺えます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事