fbpx

在宅勤務の浸透で、ビジネス書の閲覧傾向に変化 「フライヤー」要約閲覧数上位に「コミュニケーション」や「働き方」の書籍

ITベンチャーの株式会社フライヤーが提供するビジネス書要約サービス「flier(フライヤー)」によると、昨今の在宅勤務の浸透から、「コミュニケーション」や「働き方」に関するビジネス書が人気で、要約の閲覧数が上昇していることがわかりました。

「Flier」はビジネス書籍の要約文章をアプリやサイトで手軽に閲覧できるサービスです。緊急事態宣言発令前後で、サイト全体の閲覧数は35%増加し、移動時間などが無くなり、浮いた時間を活用して本から学びを得ようとする人が増え、情報収集欲の高まっていると予測されています。

緊急事態宣言発令前後の期間(3月末~4月末)のランキングは、2位の「新型コロナウイルス」についての本を除いて、「コミュニケーション」や「働き方」など「在宅勤務」関連の書籍がトップ5を独占。ビジネスパーソンの多くが、テレワークへの移行などに伴う「働き方の変化」「社内外でのコミュニケーションの変化」に直面し、対応できる術や学びを書籍から得ようとする様子が伺えます。

「フライヤー」要約閲覧数トップ5集計
 期間:2020年3月末~4月末
第1位「言語化力」(三浦崇宏著、SBクリエイティブ)
第2位「新型コロナウイルスの真実」(岩田健太郎著、ベストセラーズ)
第3位「人は話し方が9割」(永松茂久著、すばる舎)
第4位「面白いとは何か? 面白く生きるには?」(森博嗣著、ワニブックス)
第5位「フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか」(堀内都喜子著、ポプラ社)

【株式会社フライヤー 概要】
社名 株式会社フライヤー
設立 2013年6月4日
代表 代表取締役CEO 大賀康史
従業員数 23人(2020年5月)
本社 東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル8F
事業内容 本の要約サービスflier(フライヤー)の開発・運営(https://www.flierinc.com/)

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事