なぜ「BuzzFeed News」はオーストラリアから撤退したのか、憂慮すべき9つのポイント

本記事はThe Conversationに掲載された、オーストリアのRMIT Universityでジャーナリズムを専門とするAlexandra Wake教授による記事「9 reasons you should be worried about the closure of BuzzFeed News in Australia」をCreative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、掲載するものです。

The Conversation

オーストラリアでのBuzzFeedのニュース事業の撤退は、広告スポンサー型メディアの崩壊を示す何よりの証拠です。

また、主要なメディア事業者が一極集中しているオーストラリア市場を変革するという野心を持って2014年に発足した組織にしては悲しい終わり方です。

以下では、ジャーナリズムを大切に思うオーストラリア人と民主主義国家に生きる私たちが知っておくべき9つのことを示します。

1. オーストラリアで苦戦したオンラインメディアはBuzzFeedだけではない

例えばHuffPostは当初順調な滑り出しを見せていましたが、その後多くの困難に直面することになります。また、The Global MailやThe Hooplaといった他の会社は、すぐに事業撤退を余儀なくされました。

一方で、現在も存続しているデジタルサービスもあります。2000年に登場したCrikey、Mamamia(2007)、The Conversation(2011)、Guardian Australia(2013)、The Saturday Paper(2014)、The New York Times(2017)などがその例です。

2.人気のバイラルコンテンツと優れたジャーナリズムを共に発信することにより、BuzzFeedはズレを生み出した

BuzzFeedは人気でかつ質の高いジャーナリズムを保有しているため、同社は米国のピューリッツァー賞とオーストラリアのウォークリー賞にノミネートされました。しかし一方で、同社は同時に信頼の獲得に苦戦していました。 2019キャンベラ大学デジタルニュースレポートの調査によると、当時BuzzFeedはオーストラリアで最も信頼されていないニュースブランドでした。

3.しばらく不安定な状態にあった

BuzzFeedは世界的な支出抑制という流れの中で、2019年1月に全世界で約200人のスタッフを削減しました。BuzzFeed Australiaでは、当時40人のスタッフのうち11人が削減されました。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

The Conversation
The Conversationhttps://theconversation.com/
The Conversationは2016年に設立された研究者や専門家によるニュースやオピニオンを伝えるメディアです。

関連記事