日本経済新聞社、英文媒体の名称を「Nikkei Asia」に変更

日本経済新聞社が、英文媒体「Nikkei Asian Review」の名称を「Nikkei Asia」に変更しました。

新たなロゴやスローガンを採用しブランドデザインを刷新。ダイナミックに変化するアジアの経済、ビジネス、マーケット、テクノロジー、政治に関する最新ニュースや、洞察に満ちた分析記事を独自視点で展開していくとしています。

Nikkei Asian Reviewはアジア報道に特化した英文メディアとして2011年創刊。英フィナンシャル・タイムズ(FT)の協力を得て急成長し、購読者は160を超える国・地域に広がります。

今回の名称変更では、ともすると評論や解説中心の印象を与えるReviewという言葉を外し、ニュース媒体としての位置づけを明確化。新スローガン「The voice of the Asian century」には、自らがアジアの代弁者となり、現地の声を世界に発信するという自負と覚悟が込められています。

Nikkei Asia発行人である日本経済新聞社の松本元裕常務取締役は「世界の成長センターであるアジアのビジネスや経済のダイナミックな動向を早く深く報じることは、グローバルとデジタルを成長戦略とする日経にとって重要なミッションです。アジアに張り巡らせた編集網をさらに充実し、デジタル投資も加速します。『アジアのことはNikkeiに聞け』。読者の皆様にそう評価してもらえるよう、一歩ずつ前進を続けます」と述べました。

奥村茂三郎編集長は「『変わらずに生き残るためには、自ら変わらなければならない』」とルキノ・ヴィスコンティ監督の名画「山猫」のセリフを引用し、「躍動するアジア経済の肉声や鼓動を読者に届けるという使命は創刊以来、変わりません。むしろ、この使命を貫くためReviewという言葉から自らを解き放つことを決意しました。デジタルを武器にスピード感と先見性のあるメディアを目指します」と語りました。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,424フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

グノシーの第1四半期業績、再成長に向けた広告費増加で減益

株式会社Gunosyが13日に発表した2022年...

OutNow、読者と直接つながるニュースレター配信サービス「theLetter」を正式ローンチ

様々なインターネットサービスを提供する株式会社O...

ロイター研が気候変動ジャーナリズムプロジェクトを発足

現地時間12日、英オックスフォード大学ロ...

メディアの連携で調査報道、寄付モデルに繋げる米地方紙【Media Innovation Newsletter】10/18号

地方紙が苦境にあるのは世界共通ですが、1803年創刊の米国サウスカロライナ州にあるポスト・アンド・クーリエ(Post and Courier)は低迷する広告収入を補うため、支出の1/4を寄付によって賄うという計画を立て、順調に推移しているそうです。

関連記事