fbpx

Sansan、セミナー運営のプロセスを自動化する法人向けシステム「Sansan Seminar Manager」提供開始

Sansan株式会社は、BtoB企業のイベントやセミナーの効果を最大化し、収益を拡大する法人向けセミナー管理システム「Sansan Seminar Manager」の提供を開始しました。

「Sansan Seminar Manager」は、企業のセミナー開催・運営を効率化し、成果を最大化するセミナー管理システムです。募集ページ作成から来場者フォーム、受付、ウェビナーの開催、アンケート集計までをカバーし、質の高いイベント運営と正確な来場者データベースを構築。セミナー運営をデジタルシフトし、効率的・効果的なセミナー運営をサポートします。

セミナー運営にまつわるプロセスを自動化し、Sansan Seminar Manager上で必要な業務を完結させることができるため、セミナー運営の工数・コストを大幅に削減します。ZoomやYouTubeといった配信用のツールを用意するだけで、ウェビナーも簡単に開催できます。また、MAをはじめとしたツールとの連携に対応。来場者データを事業活動に活かすことができ、セミナーの効果を最大化します。

月額利用料金5万円(税抜)~。利用料金は、年間を通じて開催するセミナーの開催数や規模によって異なります。

特徴的な機能

募集ページは、Sansan Seminar Manager上で自動作成が可能です。開催概要を入力するとあらかじめ用意されたテンプレートにより、募集ページを自動で作成。作成開始からページ公開まで最短10分で完了します。

独自開発した「会社名予測機能」と「フリードメイン判定」を搭載。「会社名予測機能」は、AIがメールアドレスのドメインから所属企業名を推定するため、来場者はフォーム入力する際に正しい社名をクリックするだけで入力することが可能です。「フリードメイン判定」では、独自に学習した約5,000件のフリードメイン辞書により、セミナー主催者は「会社のメールアドレス」を取得しやすくなります。

また、「Smart Entry by Eight オンライン名刺」がフォーム機能に対応。参加者はQRコードを撮影するだけで、イベントへの来場者登録に自身のビジネス情報を使用できます。無駄なフォーム入力を不要とし、主催者は入力ミスのない正確な情報を取得できる他、来場者にシームレスなUXを提供します。

無人受付システムをオフラインセミナー向けとウェビナー向けに搭載。オフラインセミナー向けの無人受付システムでは、受付にSansanが開発した専用端末を設置し、来場受付することができます。来場者が専用端末に自身の名刺をかざすだけで、ウェブ申込み登録時のデータと即時照合され、自動的に受付が完了します。

ウェビナー向けの無人受付システムでは、Sansan Seminar Managerを使用し、ユニークなウェビナー受付用のURLを参加者毎に発行・配布できます。受付用URLを経由して、YouTubeやZoomといった配信サービスに遷移。来場者はウェビナーを視聴し、主催者はウェビナー登録者の参加・不参加を正しく把握することが可能です。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

関連記事