米Foxのブロックチェーン活用アニメに注目【Media Innovation Newsletter】6/22号

おはようございます、Media Innovationの多賀です。アマゾンの大規模セール「プライムデー」が始まりましたね。ついつい買いすぎてしまわないよう気を付けたいところです。

「Media Innovation Newsletter Daily Edition」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。

6月22日の注目記事チェック

まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の注目記事をご紹介します。

コメントモデレーターは冒涜的なコメントよりヘイトスピーチを削除することを優先するべき (NiemanLab 英文)

テキサス大学のメディア研究機関の調査によれば、ニュースやソーシャルメディアのユーザーは、ヘイトスピートを削除することは、冒涜的(profanity)なコメントを削除することよりも公正で合理的だと考える傾向があることがわかりました。また、削除理由の具体的な説明が重要であることや、アルゴリズムによる自動モデレーションは(国によって差はあるものの)人間によるモデレーションと同等に評価される傾向があることも明らかになっています。

焦点:グーグルとFB、「巨額メディア支援」は十分な額なのか (ロイター)

グーグルやフェイスブックは、報道機関への資金提供を世界的に進めていますが、長期的には不十分である、という指摘です。提供額は世界で計6億ドルとされていますが、これらのプラットフォーム企業がデジタル広告市場を独占したことでパブリッシャーが受けた損失を埋めるには程遠いと言われています。ただし、両社は資金提供のほかにも、報道機関のデジタル化支援や各社のサイトへの送客機能を果たすなどの取り組みも行っており、長期的、多面的に評価する必要がありそうです。

【コラム】SEO担当者はGoogleアルゴリズムアップデートに慌てる必要はない (TechCrunch)

仮想通貨が急落、中国がビットコイン採掘取り締まり強化 (ロイター)

「音声認識AIの競争に対する懸念が高まっている」とEUが発表 (TechCrunch)

PFNが技術提供、キャラ配信の「IRIAM」が表情も含めた「AIによる自動キャラモデリング技術」をスマホで実用化 (TechCrunch)

香港のリンゴ日報社、閉鎖の方向 (共同通信)

会話のキーワードを自動分析、関連イラストをリアルタイム表示 リコー、Web会議を円滑化する新サービス (IT Media)

6月22日のMIオススメ記事

ここからはMIに掲載された記事を紹介します。

FOXとBento Boxが共同でNFT市場に参入し、1億ドル規模のクリエイターファンドを設立・・・世界初のブロックチェーンキュレーションアニメも発表【会員限定】

米Fox Entertainmentと傘下のアニメ制作会社がNFT市場へ参入。ブロックチェーン技術を活用したアニメシリーズを展開し、そのデジタルグッズをNFTとして販売するなど、クリエイティブ領域のNFT活用で成長を目指しています。

「記事は600語以内で」・・・米Insider編集長がチームへ呼びかけ【会員限定】

Insiderのグローバル編集長が、すべての記事の長さを「600 words」以下に収める新ルールを編集部へ通達。同メディアの平均エンゲージメント時間などを考慮し、よりユーザーが読みやすい記事を目指す取り組みのようです。端的で分かりやすい記事というのは、どのメディアでも求められることですね。

約半数の労働者がコロナ終息後の出社義務化で「退職を検討する」・・・米weBoost社調べ【会員限定】

前ハフポスト日本版編集長 竹下隆一郎氏、前NewsPicks編集長 佐々木紀彦氏とともに経済メディア立ち上げへ

シャノン、マーケティング支援システムに動画管理機能を追加・・・MAでの有効活用が可能に

◆ ◆ ◆

本日はここまでです。今日も一日頑張っていきましょう!

Media Innovation Guildに登録していただければ、「Media Innovation Newsletter Daily Edition」が毎朝メールボックスに届きます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事