doublejump.tokyoがZ Venture、bitFlyer、バンダイナムコから資金調達・・・大手がNFTへ次々参入

doublejump.tokyo株式会社は、Zホールディングス株式会社のコーポレートベンチャーキャピタルであるZ Venture Capital株式会社株式会社bitFlyer Holdings株式会社バンダイナムコエンターテインメント株式会社バンダイナムコライブクリエイティブ に対し、それぞれ第三者割当増資を実施したことを発表しました。

double jump.tokyoは、ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、2018年4月3日に設立。「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」「MyCryptoSaga」などの人気ブロックチェーンゲームの開発、ブロックチェーンゲーム開発支援サービス「MCH+」とNFT(Non-fungible token /ノンファンジブル・トークン)事業支援サービス「NFTPLUS」、複数人で秘密鍵管理できるビジネス向けNFT管理SaaS「N Suite」の提供・開発を行っています。

Z Venture Capital:LINEグループとブロックチェーン領域で協業

Z Venture Capitalは、double jump.tokyoへの出資を通じて、特にゲーム・エンターテインメント業界におけるブロックチェーン技術を通じた新たな価値体験の提供を目指すとしています。

また、株式会社スクウェア・エニックスのIPを用いたNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」で「LINE Blockchain」を採用を予定するなど、LINEグループとの協業により、NFTをはじめとしたブロックチェーンのエコシステム拡大に取り組んでいくとのことです。

bitFlyer Holdings:NFTに関する事業について協業関係を構築

bitFlyer Holdingsとdouble jump.tokyoの協業では、日本・米国・欧州連合の3地域で250万人以上の顧客を持つ暗号資産取引所「bitFlyer」の顧客基盤を活用したNFT事業提携、各種コンテンツのNFT発行支援、DJTのブロックチェーンゲームでの「miyabi」の活用検討など、NFT事業に関する協業関係を構築し、共に事業拡大を図っていくとしています。

bitFlyer Holdings 代表取締役 林邦良氏は、「bitFlyerグループがNFT関連事業に参入することで、さらにブロックチェーン業界を盛り上げ、お客様にご満足いただけるようなNFT関連サービスをご提供できるよう、総力を挙げて取り組んでまいります。」と述べています。

バンダイナムコグループ:エンターテインメント領域での新たな価値創造目指す

BNE及びBNLCが所属するバンダイナムコグループは、今回の出資を通じて、エンターテインメント領域での新たな価値創造を目指すとしています。

同グループは、「機動戦士ガンダム」シリーズや「仮面ライダー」シリーズ、「ドラゴンボール」シリーズなど多くの人気IPを保有しており、今後のNFT事業の展開に期待がかかります。

2,772ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,394フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

スマートニュースの巨額調達、米国市場を獲りに行く【Media Innovation Newsletter】9/21号

ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュース株式会社が、シリーズFのラウンドで251億円の資金調達を実施。累計の調達額は443億円、時価総額は2100億円に達しました。巨額の調達は筆者も驚きだったのですが、主戦場として示された米国ではどのような反応だったのでしょうか? 探ってみました。
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事