米エンタメ誌「ハリウッド・リポーター」が日本市場に再上陸・・・ハーシー・シガ・グローバルとパートナーシップを締結

米トップエンタメ業界紙「ハリウッド・リポーター(THR)」(英語公式日本公式)が、かねてより協力関係にあった日本のデジタルメディア会社ハーシー・シガ・グローバル(HSG)と正式にパートナーシップを締結し、日本市場に再進出すると発表しました。

ハーシー・シガ・グローバル(HSG)は、日本と海外の主な出版社にメディア・コンテンツを提供するデジタル・メディア会社です。HSG会長である志賀司氏によれば、THR創立者であるティチ・ウィルカーソン・カッセル氏とは1987年から協力関係にあったといいます。

パートナーシップ締結に当たって、THRの国際部門担当副社長であるアリソン・スミス・プレイザー氏は、「エンターテインメント業界において、日本は非常に重要なマーケットである」と説明。HSGとの提携により、著名なエンターテイメント誌を日本に進出させ、広く訴求させたいといいます。

HSGは、PRやデジタル、イベント広告、および日本全国のスポンサーシップを含め、THRの営業を担当。エンターテイメント(テレビと映画)のファンや専門家をターゲットとしたソーシャルメディア戦略も担うとのことです。

このパートナーシップ締結には、HSGチーフコンサルタントを務める佐野哲章氏が全面的な協力を約束。また、HSG社長であるデイヴィッド・シュナイダー氏は、「THRは、90年以上も世界のエンターテイメント業界を扱う上質な報道機関として知られており、このグローバルネットワークに参加できることを非常に幸運に思っております。親会社であるペンスキー・メディア・コーポレーション(PMC)及びTHRのチームと共に働けることを楽しみにしています」と述べています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事