日本M&Aセンター、M&Aに関する正しい情報を発信する「M&Aマガジン」の配信を開始

株式会社日本M&Aセンターは、6,500件超のM&Aから導いた正しいノウハウを発信するWebメディア「M&Aマガジン」の配信を開始しました。

「M&Aマガジン」は、経営戦略としてのM&A・事業承継を正しく知ってもらうためのWebメディアです。国内のM&A黎明期に創業し、累計6,500件超の成約実績を持つ同社だからこそできる「M&Aに関する正しい情報」を発信するとしています。

「M&Aの基礎知識」「M&Aの流れ」、会計、税務、法務などの「M&Aの専門知識」と段階的に理解を深めていくことができます。関連用語の解説、最新M&Aニュースなどにアクセスしやすい導線も設けており、M&Aに関する情報の網羅的な収集に対応します。

同社には2021年6月末現在、500名を超えるコンサルタントのほか、公認会計士、税理士、弁護士など有資格者約40名が在籍。圧倒的な量の現場経験にもとづき、丁寧にわかりやすく、M&A実行に際して譲渡企業、譲受け企業が直面する様々な場面ごとにあらかじめ押さえるべきポイントを解説しています。

同社は「M&Aマガジン」を通じて、中堅・中小企業経営者の課題に寄り添った情報を発信していくとのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,452フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger