「ニジソー」でCryptoNinjaの公式公認二次創作NFTの生成が実現・・・二次創作作品の収益化を促進

一般社団法人オタクコイン協会およびBlockBase株式会社が、クリエイターの二次創作活動を積極的に支援する「ニジソー」にて、CryptoNinjaの二次創作イラストの公式公認NFTの生成が可能となったことを発表しました。これにより、クリエイターが自由な形式で作品を販売できるようになります。

昨今、NFTを活用することで、インターネット上に唯一無二の「世界にひとつだけの作品」を創り出し、一点モノのデジタルアート作品を販売することができるようになりました。マーケットプレイスには1作品数円から数百万円を超えるものまで、多種多様なNFT作品が生み出されています。

本ソリューションにより、公式公認イラストの申請を行ったクリエイターは、「ニジソー」の管理画面上にて公式公認された二次創作イラストをNFT化することができるようになりました。

クリエイターは、好きなキャラクターたちの二次創作イラストを公式へ申請し、許諾が得られれば、公式公認の「お墨付き」を得たNFTを生成することができます。また、公式のコレクションに含まれたNFTをOpenSeaなどで二次創作クリエイター自らが値付けし、さまざまな方式で販売できるため、公式作品のファンも安心して購入できるようになるとのことです。

また、公式作品と二次創作イラストがNFT(ブロックチェーン技術)によって連携が取れるようになることで、OpenSea上での一次販売や二次流通以降の販売収益からも、ロイヤリティ還元の設定ができるようになります。

オタクコイン協会は、日本のアニメ文化を世界に広げるため、ブロックチェーン技術をアニメ業界内への浸透・導入・活用を目指して活動を行っています。

『オタクコイン』は、アニメ・マンガ・ゲーム等の日本のカルチャーを愛する世界中の人をつなぐコミュニティ通貨です。現在、スマートフォンアプリを通じてオタクコインのバウンティ・キャンペーンを実施中とのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,449フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【12月3日更新】メディア領域におけるブロックチェーンに関する記事まとめ

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、取引...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger