LINE、動画プラットフォーム「LINE VOOM」をAndroid版にて提供開始・・・現行の「タイムライン」機能を刷新

LINE株式会社は、コミュニケーションアプリ「LINE」内において、Androidユーザーを対象に動画プラットフォーム「LINE VOOM」の提供を開始しました。近しい人同士で活動を投稿しあう現行の「タイムライン」機能を刷新し、動画コンテンツへの需要の高まりに対応します。なお、iOS版の「LINE VOOM」は近日中に公開予定とのことです。

「LINE VOOM」では、“好きが、つながる。”のコンセプトのもと、自分の動画を投稿したり、各種ジャンルのショート動画を視聴することや、気に入った動画にリアクションやコメントを送ることが可能です。また、多岐にわたる動画ジャンルの中から、人気の動画や自身の関心が高いジャンルの動画を自動でレコメンドして配信します。

今後は順次、「LINEマンガ」や「LINE MUSIC」など、LINE内の他サービスと連携した様々な動画コンテンツを展開予定。また、資格条件を満たしたLINE公式アカウントが広告収入を得ることのできる収益化プログラム「LINE VOOM CREATORS」を通し、クリエイターの収益獲得の支援にも取り組むとしています。

2,775ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,448フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger