「TBS NEWS」、コンテンツ共有プラットフォーム「ノアドット」からの記事配信をスタート・・・コンテンツ流通を促進

株式会社 TBSテレビが運営するニュースサイト「TBS NEWS」が、ノアドット株式会社が提供するサービス「ノアドット」を導入すると発表しました。

「ノアドット」は、記事を作るコンテンツホルダーと記事を届けるキュレーターを効果的につなぐコンテンツ共有プラットフォームです。メディアにかかわる法人、個人が、コンテンツとチャンネルを互いに提供しあうことでコンテンツ流通を最適化し、そこから生まれる収益を増加させる仕組みになっているとのことです。

今回の「ノアドット」導入により、TBS NEWSはコンテンツホルダーとしてノアドットに記事を提供することで、独自ニュースをノアドットに参画しているメディアに届けることができるようになり、結果として、より多くの視聴者へ情報発信することが可能になるといいます。

また、「TBS NEWS」と「ノアドット」との連携で、今後より多くのメディアがTBS NEWSのニュース情報を活用できるようになるとのことです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,455フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger