overflowが3億円調達・・・増加する「複業転職」採用市場は次の時代へ

overflowがシリーズAラウンドで3億円の資金調達を発表。プロダクト開発人材の複業転職プラットフォーム「Offers」に続く、新たな人材管理SaaSの開発を目指す。

注目される理由: キャリアの多様性が増す中、「複業」を経て転職を考える潜在転職層が増えている。新たなサービスでは、採用から評価までワンストップで管理できるという。

overflowは2017年に創業。立ち上げから3年間、ほとんどの社員が「副業・複業メンバー」だったことに気づき、Offersの着想を得る。そして2019年、「Offers」をリリースした。

OffersはSNS連携で企業からオファーが届く。スキルのスコア化やリファレンスチェックも一括ででき、採用プロセスの管理工数削減につながる。

2021年には業務提携5社、事業提携3社を発表。そのほとんどがフリーランス向けのサービスを展開する企業で、対象ユーザーのサポートを一気に広げた。

これまでに累計300社、1万人をこえるユーザーが利用するサービスとなった。採用実績件数は直近1年で前年比328%を超える。2020年に比べ、「複業転職」を採用手法に取り入れる企業は2倍以上に増加。社員の75%が複業経由の企業もあるという。

2022年に開始を目指す新たな人材管理SaaSでは、採用から評価までワンストップで管理できるという。「複業転職」を軸にした採用市場の活性化を目指す。

(記事提供元: 経済をシンプルに解説するStrainer)

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

期待の新メディアスタートアップ「セマフォー」とは?【Media Innovation Weekly】7/4号

ニュースサイクルが一巡し、ニュースメディアの成長は一段落した感がありますが、2024年の大統領選挙に向けて、この領域にチャレンジしようとするスタートアップ「セマフォー」(Semafor)が注目を集めています。

NewsPicks、新編集長に泉秀一氏が就任「希望を灯すメディア」を目指す

ソーシャル経済メディア「NewsPicks」は、...
Strainerhttps://strainer.jp/
Strainer(ストレイナー)のMedia Innovation出張版です。Strainerは要点をシンプルに解説する経済メディアです。上場企業の決算を中心に国内外の経済ニュースをウォッチ、注目の話題を分かりやすくお届けするメディアです。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger