OpenSea、半年で評価額が10倍近くに

NFTマーケットプレイス最大手の米OpenSeaが1月4日、シリーズCラウンドで3億ドルの調達を発表。評価額は133億ドルに達した。

OpenSeaは2017年創業のニューヨークに拠点を置くスタートアップ。クリプトコレクティブルやNFTを取り扱う世界最大のマーケットプレイスを運営。ユーザー数は60万人以上で、NFT出品数は8,000万を超える。

2021年7月には、シリーズBラウンドで1億ドルを調達。当時の評価額は15億ドルなので、およそ半年で評価額が10倍近くに膨れ上がったことになる。

デビン・フィンザー(Devin Finzer)CEOによれば、OpenSeaの取引量は過去1年で600倍以上に増加。過去30日間の取引高は24億ドルを超えたという。

資金の使い途については「カスタマーサポートと安全性の向上、幅広いNFTおよびWeb3への投資、人材獲得と製品開発」と言及。また、OpenSeaは暗号通貨用デジタルウォレットの米Dharma Labの買収交渉を進めているとの報道も。

(記事提供元: 経済をシンプルに解説するStrainer)

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Strainer
Strainerhttps://strainer.jp/
Strainer(ストレイナー)のMedia Innovation出張版です。Strainerは要点をシンプルに解説する経済メディアです。上場企業の決算を中心に国内外の経済ニュースをウォッチ、注目の話題を分かりやすくお届けするメディアです。

関連記事