感染事例を地図で確認できるNewsDigest「コロナ・防災」が大型アップデート実施

株式会社JX通信社は、新型コロナウイルス「オミクロン株」の感染拡大を受け、近所の感染事例を地図で確認できるNewsDigestアプリ「コロナ・防災」の大型アップデートを実施しました。

「コロナ・防災」は、ニュース速報アプリ「NewsDigest」内で提供する感染事例を地図で確認できるアプリです。企業や自治体が正式に発表した内容に基づいた情報により、位置情報でピンポイントに現在地周辺の新型コロナ感染事例を確認できます。

「コロナ・防災」は、無料アプリ「NewsDigest(iOS/Android対応)」下部の「コロナ・防災」ボタンから無料で利用することができます。

「コロナ・防災マップ」アップデートのポイント

新しい感染事例には「新」マークを表示。よりわかりやすく新しい感染事例を表示します。地図上で、どこで新たな感染事例が生じているかを分かりやすく確認できます。

感染事例のある場所のマークの下に、感染事例が生じた時期についての表記を加えており、感染事例の発生時期や消毒などの更新情報もより分かりやすく表示。画面下部の感染事例の情報をタップすると、その場所での新たな感染者の発表や、消毒済みなどの情報の追加・更新情報も時系列で確認することができるとのことです。

設定地域内での新たな感染事例の追加情報をプッシュ通知で受け取ることが可能です。アプリダウンロード時に「地域」の設定をするか、アプリ内の「設定」画面→「地域」画面で設定したい地域名をリストから選ぶ、もしくはGPSで現在地から設定することでプッシュ通知を受信することができます。

情報を提供できる機能もアップデートしており、ユーザーが地図に掲載されていない感染事例の情報を提供することができます。情報は、企業や自治体の公式発表を明示的に確認できたもののみ掲載。発表から一定期間を経た情報は削除されます。

NewsDigestアプリの下部に「コロナ・防災」ボタンを新設。このボタンから地図を確認することができます。

また、新型コロナウイルス感染事例の情報に加え、災害や事故、不審者などの情報も地図でチェックすることが可能です。情報は、同社が運営するAIビッグデータリスク情報サービス「FASTALERT」から提供されています。

コロナ感染事例データ集積プロジェクトについて

新型コロナウイルス感染事例データ集積のプロジェクトは、ビッグデータから新型コロナウイルス感染事例を探索し、ピンポイントな「場所」「地点」単位の感染事例データを集積するプロジェクトです。NewsDigestアプリ「コロナ・防災」マップ(旧名称:新型コロナ感染事例マップ)が2020年春の新型コロナウイルス感染拡大初期に開始しました。

ユーザーが外出時の感染リスクを把握すること、自治体や企業等の発表情報をもとに正確な情報提供を行うことで、感染拡大のみならずデマ・風評被害の防止に貢献することや、データ蓄積により後世の感染症の分析に役立てることを企図しています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,469フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事