音声SNS「Clubhouse」の年間総利用時間が6億時間突破…アプリユーザー利用状況を発表

音声をベースにしたSNS「Clubhouse(クラブハウス)」は、2021年のアプリユーザー利用状況として、ユーザーのアプリ利用時間や各機能の利用状況に関する統計を発表しました。

2021年の1年間での利用時間は、全世界ユーザーで総計6億2600万時間以上でした。2021年7月に実装されたダイレクトメッセージ機能「Backchannel機能」を使って送られたメッセージは、提供開始から半年で17億件に到達しています。

Androidユーザーのアプリダウンロードを見ると、ClubhouseがAndroidに対応した昨年5月中旬からの6週間で1000万以上のユーザーが利用を開始。1日当たりのルーム数は、2021年夏季に70万超まで増加しました。アクティブに配信しているClubの数は、総計で36万に達しています。

今後、iOS版アプリも日本語を含む言語対応を進めると共に、収益化に関するサポートも強化していく予定としています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,455フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger