NFT専門メディア「NFT Media」が日本で初めて編集長の役職をNFT化

株式会社トレジャーコンテンツが運営するNFT専門メディア「NFT Media」は、役職のNFT化を実施し、日本初となる編集長の役職NFTを2022年1月7日発行しました。役職のNFT化は、日本で初めての試みだといいます(2021年1月発表日現在、NFT Media調べ)。

メディアの役職をNFTを通して表現することで、NFT Mediaに関わってきた人がバトンを引き継いだ後も、ブロックチェーン上に誰が関わっていたのかが残ります。役職のNFT化により、メディアという一種の作品を通して、関わってきた人が繋がっていく世界観が可視化される、としています。

同社は、努力が報われる世界観の体現として、ブロックチェーン上に記録された歴代の役職所有者に報酬を分配する仕組みを整えています。今回は、第一弾として「編集長」の役職をNFT化して発行。発行したNFTは、現編集長である粟井悠太氏へ譲渡される予定です。

役職NFT詳細

NFT Media現編集長は、同NFTの保有者となり、定期的にNFT Mediaの売上の1%を得ます。役職者が変わった後には、現在を含む歴代の編集長、現保有者へ1%の売上を折半する形で届けられる予定です。

NFT:NFT Media 編集長
発行数:1点
公開場所:OpenSea
公開ページURL:https://opensea.io/assets/0x495f947276749ce646f68ac8c248420045cb7b5e/42998846936208528605906557371702341952453760885901515589505523499626181689345/

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger