SHOWROOM、ビックカメラに対する第三者割当増資を実施・・・ライブコマース領域で協業へ

ライブ動画ストリーミングプラットフォーム「SHOWROOM」を提供するSHOWROOM株式会社が、株式会社ビックカメラに対する第三者割当増資を実施し、資本業務提携すると発表しました。

SHOWROOMは、主にライブコマース領域にてシナジーを生み出すことを期待して、ビックカメラとの資本業務提携を決定。ビックカメラグループの展開する豊富な商品群、販売員の専門性の高さ、自社ECサイト「ビックカメラ・ドットコム」の充実性と、SHOWROOMがこれまで仮想ライブ空間「SHOWROOM」で培ってきたライブ配信のノウハウを活かし、ライブコマース領域での新たな価値創出を目指すとのことです。

今回の協業により、消費者はライブコマースを通じてここでしかできない良品との出会いや、コマースライバーと呼ばれるライブコマース専門のライバーとのコミュニケーションを通じて、商品への信頼度を高め、納得して商品の購入ができる等、新たな買い物体験が得られるとしています。

ビックイノベーションキャピタル室長兼マネージングディレクターの佐藤佑太氏によると、新型コロナウイルス感染症対策による外出自粛によりインターネットショッピングが伸長し、同社の都市型店舗は苦戦を強いられているといいます。このような現状に加えて、体験して楽しめる『コト消費』が今後ますます求められるだろうと分析。今回の資本業務提携について、「お客さまがネット上で楽しみながら、体験しながら、商品をお買い求めいただける新たなチャネルの創造に取り組んでまいります」と抱負を語っています。

また、SHOWROOM代表取締役社長の前田裕二氏は、インターネットで気軽にモノを買える便利さはあるものの、「買い物に体温を感じる機会も少なくなったように思う」といいます。今回ビックカメラとライブコマース領域で協業することについて、「インターネット上で発信者と顧客が心を通わすこの新しい売り場こそ、豊富な知識とサービスマインドを持つ販売員の方が本来持つポテンシャルを最大限、むしろ今まで以上に発揮できるステージなのだろうと確信し、今回の貴重な資本業務提携のご縁に至りました」と述べています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,469フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事