2021年の動画広告市場は前年比142%の4205億円に成長・・・2025年には1兆円規模まで拡大の予想

株式会社サイバーエージェントが、株式会社デジタルインファクトと共同で、国内動画広告の市場動向調査を行い、その結果を発表しました。本調査では、インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額を推計し市場規模予測を算出しています。

広告フォーマットはテキスト・画像から動画へ移行

本調査によると、広告主とユーザーとのコミュニケーションの起点となる広告フォーマットは、テキストや画像よりも情報量が多く表現力が豊かな動画へと移行しつつあるといいます。また、コロナ禍をきっかけにユーザーの動画コンテンツ視聴が増加。それに伴い大手動画広告媒体のユーザー数も大きく成長し、動画広告市場の拡大を後押ししています。

昨年対比142.3%となる4,205億円に達する見通し

2021年の動画広告市場では、大手動画配信サービスにおけるインストリーム動画広告を中心に需要が大きく増加。業種や規模を問わず、多くの広告主やブランドが大手動画配信サービスに動画広告を出稿する傾向がみられました。

また、ソーシャルメディアにおいては、動画から商品購買までに対応する機能が強化。これに対応した魅力的なフォーマットの開発が進められている動画広告がもつ役割は、今後ますます重視されていくと見込まれます。

このような背景のもと、2021年の動画広告市場規模は、昨年対比142.3%となる4,205億円と大きく成長。動画広告市場は今後も高い成長率で推移すると予想され、2022年には5,497億円、2025年には1兆465億円に達すると見込まれます。

■調査概要
調査主体:株式会社サイバーエージェント
調査時期:2021年10月~2021年12月
調査方法:動画広告市場関係者へのヒアリング、調査主体ならびに調査機関が保有するデータ、公開情報の収集
調査対象:動画広告市場
調査機関:株式会社 デジタルインファクト

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,462フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事