映像クリエイター支援のVookが2億円の資金調達 メタバース等新技術対応人材の強化へ

動画・CG・VR 等の映像クリエイター支援の株式会社Vookは、みずほキャピタル株式会社、フィンテックグローバル株式会社ほか個人投資家を引受先とした第三者割当増資で総額 2億円の資金調達を実施しました。

映像制作 Tips サイト「Vook」は2016 年にサービス開始。映像制作のノウハウを共有する Webメディアを通じてプロの映像クリエイターが映像制作における知識やTips をそれぞれの視点や経験を活かして紹介しており、現在の利用者は月間30万人。

2021年にスタートした映像制作者に特化した人材紹介サービス「Vook キャリア」は、現役で業界に精通したスタッフがエージェントを担当し、昨今の映像制作者の採用市場の拡大を背景に、業界特化型の強みを活かし、クリエイターの情報を把握し、企業とクリエーターをつなぐマッチングサービスを提供しています。

2021年11月に開校したプロの映像制作者を養成スクール「Vook School」は、Vook CCO でクリエイターの曽根隼人氏がカリキュラムを監修。受講者は渋谷校に揃えたスタジオ・機材の使用が可能で、校舎にはプロの映像クリエイターが常駐しており、「Vook キャリア」とも連携し、卒業生のキャリア支援も積極的に行っています。

今回の資金調達で、「Vook School」では2022年から2023 年にかけてメタバース、CG、アニメーションコースの開講を予定しており、同社独自の映像クリエイターデータベースの構築、既存事業のマーケティング強化、人材採用などを通じて体制の強化を目指します。

【株式会社 Vook(ヴック) 概要】
代表者 : 代表取締役 CEO 岡本俊太郎
所在地 : 東京都渋谷区渋谷 2-22-6 幸和ビル5階
設立 : 2012 年 1月12日

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger