米国人ジャーナリストで映像作家のブレント・ルノー氏がキーフ郊外で射殺される

米国人ジャーナリストで映像作家のブレント・ルノー氏がウクライナの首都キーフ郊外でロシア軍に銃撃されて亡くなったと各紙が報じています。

ルノー氏は弟とタッグを組んで、世界各地の紛争を舞台にした映像を取り続けてきました。ウクライナではタイムの「TIME Studios」のプロジェクトで世界的な難民危機に焦点を当てた取材をしていたということです。

地元の警察当局によれば、同氏はキーフ近郊のイルピンという街で首に銃撃を受けて亡くなったということです。同行していたアメリカ人のカメラマンのアフン・アレドンド氏も負傷し病院で治療を受けているということです。

タイムは声明で「ルノーを失った事に打ちのめされています。私達の心は彼を愛する人達と共にあります。(中略)ウクライナで進行中の戦争と人道的な危機をジャーナリストが安全にカバーできることは不可欠です」と述べました。

同氏は過去にニューヨーク・タイムズでも仕事をしていた経験があり、ウクライナでも同社のスタッフ証を持っていたと報じられています。同社の広報担当者は次のように述べています

「私達はルノーの突然の死に接し深く悲しんでいます。彼は才能ある映像作家でニューヨーク・タイムズにも貢献してくれました。彼がニューヨーク・タイムズで仕事をしたのは過去(最も最近では2015年)の事で、ウクライナでは我々の仕事をしていたわけではありません。初期の報道では過去のスタッフ証を持っていたことから関連付けられて報じられたようです」

このメッセージは自社に属している人物ではない、というのを強調している様にも取れ、ツイッターには「もっと言う事があるだろ」という批判も集まっていました。

バイデン大統領の安全保障担当補佐官のジェイク・サリバン死はCBS Newsの番組で、「これはロシアが民間人、病院、礼拝所、そしてジャーナリストをターゲットとした残忍な侵略の一部であり米国と同盟国は適切な対価を支払わせる」と述べたということです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事