NTT子会社とローカル局が相次ぎ提携・・・AIを活用して地域スポーツの配信強化

NTT西日本と朝日放送グループHDの合弁会社である、株式会社NTTSportict(大阪市都島区、中村正敏)が「STADIUM TUBE」というAIソリューションで民放ローカル局への営業を強めています。

NTTSportictは、イスラエルのPixellot ltd.が開発した、撮影・編集・収録を無人で行えるAIカメラ「Pixellot」によってスポーツ映像の配信を行う企業で、同社設立前の2019年7月には、朝日放送グループHD、NTT西日本、朝日新聞社、電通および日宣によるAIカメラを活用したスポーツ映像配信事業実証実験が行われていました。

Pixellotの技術を活用したAIソリューション「STADIUM TUBE」。サッカー、バスケットボール、バレーボールなど8種類*の競技の撮影に対応しているという無人カメラのシステム

近年、国内スポーツ市場の拡大と5G技術の発展に伴い、スポーツ映像配信市場も大きな成長が見込まれています。しかし、人員や費用の問題から、プロスポーツや大規模な大会の配信にとどまり、アマチュアスポーツや地域スポーツでは映像配信があまり進んでいません。同社は、無人カメラにより配信コストを低下させることで、アマチュアスポーツ・地域スポーツ配信市場の拡大を目指しています。

地域スポーツ映像の配信を進めるうえで同社が目を付けたのが、民放ローカル局です。2021年6月1日に、愛媛県を放送地域とするNNN系列の放送局である南海放送と、「AIソリューションを活用したスポーツ映像配信に関する共同事業」の協定を締結すると、今日までに民放ローカル10局と同様の協定を締結しました。今年4月に入ってからは、二週間に一局ずつ協定を結んでいます。協定の内容としては、NTTSportictの提供するAI映像ソリューションを用いて地域スポーツ映像を撮影し、各テレビ局が自社のウェブサイトやアプリで配信やDVD映像の販売を行うということです。

テレビ局側の背景には、キー局の放送から配信への転換が透けています。テレビからネットへの視聴者のライフスタイルの変化に伴い、民放キー局は自社配信サービスの強化や、定額動画配信サービス(SVOD)へのコンテンツ供給を急いでおり、昨年10月には、TBSがSVOD最大手NetFlixへの独占配信を行いました。

こうした状況で苦境に立たされるのが、ローカル局です。ローカル局は、キー局製作番組の放送による配信料収入の割合が高く、独自番組の制作による広告費の割合が低い現状にあります。そのため、キー局が配信に力点を置き、地域を問わずキー局制作番組が視聴できるようになれば、ローカル局は収益構造の転換を進めざるを得ません。そうした事情から、これまで放送枠の都合上放送できなかった地域スポーツを配信することで、地域を取材し、地域情報を集めるローカル局の強みを活かし、新たな収益を得たい考えです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

期待の新メディアスタートアップ「セマフォー」とは?【Media Innovation Weekly】7/4号

ニュースサイクルが一巡し、ニュースメディアの成長は一段落した感がありますが、2024年の大統領選挙に向けて、この領域にチャレンジしようとするスタートアップ「セマフォー」(Semafor)が注目を集めています。

NewsPicks、新編集長に泉秀一氏が就任「希望を灯すメディア」を目指す

ソーシャル経済メディア「NewsPicks」は、...

ニュースレター業界最大手サブスタック、不況の影響で14%の人員削減を実施

クリエイター経済を襲う嵐は3ヵ月か?3年か?それ...
Taketo Yoshida
Media Innovation編集部 ジャーナリズムとニュースメディアのマネタイズに興味あり。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger