InterFM897、JCBI支援のパブリックブロックチェーン「Content-Ethereum」上でラジオ音源NFTを発行

一般社団法人ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ(以降、JCBI)が株式会社InterFM897と連携して、CryptoGames株式会社のNFTマーケット「NFTStudio」においてラジオ音源NFTを発行すると発表しました。

第1弾は、アイドルグループ「B.O.L.T(ボルト)」のラジオ音源NFTです。

JCBIは、ブロックチェーン技術を活用して、コンテンツの著作権情報を安全に管理できるシステムを共同で運用するためのコンソーシアムです。

JCBIによると、2021年より様々なコンテンツ領域でNFTの取り組みが活性化。その一方で、ガス代として暗号資産を視聴者が準備しなければならない負担や、過剰な電力消費が地球環境に与える負荷の問題など、公共性をもつメディア企業が見過ごすことができない問題が生じているといいます。

これらの問題に対応するため、JCBIは、電力を過剰に浪費するマイニングが不要で環境にやさしく、かつ、資金決済法に規定されるような暗号資産の発行も無く、コミュニティによるガバナンスをもち、ガス代不要で無償で利用できるパブリックブロックチェーン「Content-Ethereum(コンテンツ・イーサリアム)」を支援する事業を実施しています。

JCBIは、InterFM897が取り組むストック型ファンコミュニティ化施策に賛同。今回、CryptoGamesのNFTマーケット「NFTStudio」において、Content-Ethereum上に発行したNFTを活用した番組連動企画を3社で共同で行うことを決定し、エンゲージの高いリスナーとの継続的な共創関係を目指すとのことです。

NFTStudio内のB.O.L.T NFT販売ページ

この取り組みの第1弾は、アイドルグループB.O.L.Tのデビュー3周年記念特番「B.O.L.Tの10万ボルト」Special Program『7月15日は“B.O.L.Tの日” 結成3周年記念生放送スペシャル』に合わせて、B.O.L.Tのinterfmで過去に放送された番組から、スタッフが激選した計100個の音声データ(MP4)をNFTとして販売するという企画です。「B.O.L.Tの10万ボルト」は2022年7月18日(金)22時から放送されます。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,463フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...

関連記事