博報堂とb8ta Japan、リアルとデジタルを複合体験できる「X-PROTO」を提供 ローンチのサポートも

株式会社博報堂は、同社のブランディングとイノベーションの専門組織である博報堂ブランド・イノベーションデザインと、体験型ストアb8ta(ベータ)を運営するb8ta Japanとが共同で、新規事業のテストマーケティング手法「X-PROTO(エクス-プロト)」の提供を開始すると発表しました。

「X-PROTO」開発の背景

「X-PROTO」(エクス-プロト)とは、サイネージを活用したデジタル店舗体験による新規事業受容性検証ソリューションです。

博報堂によると、社会のデジタル化に伴い、商品やサービスそのものだけでなく、「購買前から購買後までのブランド体験全体」を価値として提供するビジネスが次々登場。これと連動し、事業ローンチ前に行われる受容性調査においても、体験全体の統合的な受容性を検証するニーズが高まっているといいます。

博報堂ブランド・イノベーションデザインとb8ta Japanはこのようなニーズに対応するため、今回新たな受容性検証の手法として「X-PROTO」を開発しました。

「実際の商品などのリアル要素」と「動画コンテンツなどのデジタル要素」を同時体験

「X-PROTO」では、b8ta Japanの半個室「エクスペリエンスルーム」において、検証したい新規事業やサービスの想定カスタマージャーニーに沿って、「実際の商品などのリアル(フィジカル)要素」と「動画コンテンツなどのデジタル要素」を連続的・統合的に体験できる状況を再現。空間をゾーニングし、行動追跡型サイネージを活用したダイナミックな映像コンテンツの提示や商品の展示を通じて、来場者がサービスの全体を時系列で体験できる空間を演出するといいます。

定量的・定性的な分析が可能に

また、生活者動線データとサイネージ配信ログデータを関連付けて解析する技術を活用し、展示室に来訪した生活者の実際の行動を計測。来訪した生活者の行動データやアンケート結果などを分析することで、商品やコンテンツに対する認知、興味関心、理解、購買に至るまでの一連の受容性が分析・検証可能になるとのことです。

その他、事業目的やサービスの特徴に応じた検証計画に基づく展示の設計と運営、取得データ分析による改善案の提案など、ローンチに向けた一連のサポートを提供。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...

関連記事