LINEアカウントメディアに「にいがた通信」「北海道Likers」などローカルメディア46媒体が新規参画

LINE株式会社が、同社が運営するスマートフォン向けニュースサービス「LINE NEWS」において、「LINEアカウントメディア プラットフォーム」に46媒体が新たに参画したと発表しました。

「LINEアカウントメディア」は2015年に開始し、これまでに新聞やテレビ、ファッション誌、ビジネス誌など、多くのメディアが参画。各メディアがおすすめする記事をダイジェストで配信してきました。

今回、このアカウントメディアに新たなプラン「LINEアカウントメディアSelect(AM Select)」が追加。これまでは1回のダイジェスト配信につき8本の記事で構成されていたのに対し、「LINEアカウントメディアSelect」では4本の記事がユーザーに配信されるように。配信頻度も週3回以上が目安だったところ、週1回からと、よりコンパクトに配信できるようになったといいます。

新プランにより、これまでの枠組みでは参画しにくかったローカルメディアやタウン誌、専門メディアがきめ細かな独自ニュースを届けられるようになったことから、今回、ローカル領域で情報発信する46媒体が新プランに参画したとのことです。

<新規参画メディア46媒体>

また、2022年8月2日(火)~2022年8月31日(水)の期間中、「LINEアカウントメディア プラットフォーム」参画メディアの中から3媒体以上のLINE公式アカウントを友だち追加することで、大人気キャラクター「えびにゃん」のLINEスタンプが無料でもらえる「えびにゃん×選べるニュース」LINEスタンププレゼントキャンペーンが開催されています。

■「えびにゃん×選べるニュース」LINEスタンププレゼントキャンペーン概要

キャンペーン期間:2022年8月2日(火)〜2022年8月31日(水)
内容:「LINEアカウントメディア プラットフォーム」参画メディアの中から3媒体以上のLINE公式アカウントを新たに友だち追加(購読)したユーザーに、「えびにゃん」のLINEスタンプをプレゼント
有効期間:ダウンロードから90日間
*スタンププレゼントキャンペーンの対象となるのは、キャンペーンページ内から友だち追加した場合のみです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...

関連記事