文化通信社、デジタルチラシ配信サービス「BookLink」をリリース 販促情報をFAXからデジタルに

メディア向け業界専門紙「The Bunka News(文化通信)」を発行する株式会社文化通信社が、株式会社エルボーズの技術協力を得て、デジタルチラシ配信サービス「BookLink」をリリースしたと発表しました。

販促チラシのDX化によりコスト削減とエコを実現

「BookLink」は、出版社が書店向けに配布している販促チラシをニーズに合わせて閲覧できるデジタルチラシ配信サービスです。

毎日200冊もの本が発売されており、これまで各出版社から書店には出版物の新刊・重版など、あらゆる販促情報(販促チラシ)がFAXで配信されてきました。書店は販促に注力する商品の選別に必要な情報を得るため、FAXの印刷費用を負担してきたといいます。

文化通信社によると、販促チラシは書店にとって販売を大きく左右する重要な情報である一方、販促チラシの確認作業に多くの人的リソースが費やされているとのこと。それにもかかわらず、不要と判断されたチラシはほとんど読まれず廃棄されるなど、多量の紙を使う販促チラシはエコの面からも時代に逆行していると言えます。

こうした課題を解決するため、同社は書店と出版社をデジタルでつなぎ、販促情報を効率的に配信・受信・選別できるツールとして、販促チラシに特化したWebサービス「BookLink」を企画開発するに至りました。

ログインすると、出版社がアップした販促チラシが一覧で表示されます

書店と出版社の双方に大きなメリット

「BookLink」により、書店はFAX送信費・受信費といったコストや分別の手間がなくなるだけでなく、自社・自店のニーズに合致した情報を選別することで、スムーズな受発注および魅力的な棚作りが可能になります。書店の「BookLink」の利用は、完全に無料です。

また、出版社にも低コストで効率的に販促チラシを発信できるほか、送れていなかった書店にも情報が届く、今までモノクロでしか送れなかった販促チラシがフルカラーになり、書籍の魅力をより伝えることが可能になるといったメリットがあります。出版社は「BookLink」により各チラシのPV・UU数などが把握でき、マーケティングツールとしても有効とのことです。

株式会社紀伊國屋書店の店売総本部販売促進本部長である葛城伸一氏は、「業界共通情報インフラとして、書店、出版社双方の利便性が高まり、何より書店にとって用紙代や仕分け作業など物理的な改善が図れるBookLinkに期待しています」と述べています。紀伊國屋書店では、書籍情報取得ツールとしてBookLinkを全店に導入したとのことです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,469フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事