INITIAL、ユーザー向け交流プロジェクト「INITIAL Circle」を開始 ミートアップなど毎月開催

株式会社ユーザーベースが、同社が運営するスタートアップ情報プラットフォーム「INITIAL」における法人向け有料サービス「INITIAL Enterprise」ユーザーを対象に、ユーザー間の交流を促進する交流プロジェクト「INITIAL Circle」を開始したことを発表しました。

「INITIAL」は、国内最大規模のスタートアップ情報プラットフォームで、国内のスタートアップ資金調達動向や独自のスタートアップ成長モデルなどの情報を提供。法人向け有料版サービス「INITIAL Enterprise」は、国内外のスタートアップ150万社超の情報を収録し、企業や行政機関など400以上の組織で利用されています。

ユーザーベースによると、昨今、感染症拡大により他社との交流機会が激減。かねてより「INITIAL Enterprise」のユーザーからユーザー同士の交流やビジネス機会創出を求める声があったといいます。

同社は7月に新オフィスお披露目会を兼ねて、INITIAL Enterpriseユーザー同士の交流を実施。参加者からも「久しぶりのリアルな場でのネットワーキングでしたが、つながりたかったCVCの方がいらっしゃり、とても貴重で有意義な会でした。」「様々な業界の方がいらっしゃって刺激になりました。とても良いイベントでした。」など好評で、定期開催を求める声も多数あったとしています。

同社はこうしたユーザーからのに要望に応え、今回ユーザー向け交流プロジェクト「INITIAL Circle」を始動するに至ったとのことです。

「INITIAL Circle」では、東京・丸の内にあるユーザーベース本社を拠点にスタートアップピッチやリアルセミナー、少人数の勉強会、テーマ別ミートアップ等を毎月開催するとのことです。

1回目は、9月30日(金)に丸の内オフィスにて開催予定。4社のスタートアップが登壇し、ピッチ・交流会を実施するとしています。第2回は10月31日(日)開催予定。

株式会社ユーザベース執行役員INITIAL事業CEOである千葉信明氏は、「INITIAL Enterpriseユーザーの交流を主として、各社の投資先スタートアップとの交流や、皆様の知見が循環するコンテンツを企画し、新たなビジネス機会を生み出せるような取り組みにしていきます」と述べています。

丸の内オフィスお披露目会の様子(7月26日開催)。本イベントは、マスクを着用の上、感染症対策を行って実施されました。
2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,471フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事