電通デジタルがデータアーティスト社を合併 AI技術開発力を強化

株式会社電通デジタルが2023年4月1日付で、電通グループでAI(人工知能)開発をリードしてきたデータアーティスト株式会社を合併すると発表しました。

本合併は、電通デジタルを存続会社、データアーティストを消滅会社とする吸収合併方式で行われます。

電通デジタルは国内最大級のデジタルカンパニーとして、約1,100社のクライアント企業のビジネスを支援する企業です。約2,200名を超えるデジタルの専門家を擁し、世界中のテクノロジー企業やプラットフォーマー各社とのパートナーシップを強化しながら、多くのビジネス課題の解決に取り組んでいます。

同社はさらなる企業課題の解決、イノベーションの積極的創出に向けて、国内外の有力なデジタル企業とのM&Aを成長戦略のひとつとして位置づけ、今回データアーティストの合併に至ったといいます。

データアーティストはAI開発とビッグデータ分析に強みを持ち、独自のプロダクトやDX支援サービスを提供するAIカンパニー。2013年に設立され、「AIモジュール」「DX支援」「マーケティングAI」の3事業を展開。2018年に電通グループに参画し、電通グループ独自のデータマーケティングプラットフォーム「People Driven DMPR」、AIを活用してテレビ視聴率を予測し広告枠の最適運用を行う「SHAREST/RICH FLOW」など、電通グループにおける中核的なデータソリューション開発をサポートしてきました。

また、AI/データ活用による広告効果最大化のためのソリューション開発や企業DX支援などでも協業実績を重ね、2022年には電通デジタルと株式会社電通が構成する電通グループの横断組織「電通クリエイティブインテリジェンス」に参画。クリエイティブ制作プロセスへのAI活用における共同研究、プロダクト開発に注力しているとのことです。

今回の合併により、電通デジタルはAI技術開発力とビッグデータ解析を事業の中核に組み込み、クライアント企業の様々な経営課題・事業課題を解決していくとしています。また、グローバル水準の高度なIT人財の採用と育成を強化し、国内外をネットワークした人的資本経営を推進するとのことです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事