Asobica、新たに3.6億円の資金調達を実施 ロイヤル顧客プラットフォーム「coorum」事業拡大に投資

ロイヤル顧客プラットフォーム「coorum(コーラム)」を提供する株式会社Asobicaは国内大手銀行4行から3.6億円の融資枠を確保し、デットファイナンスによる資金調達を実施しました。

「coorum(コーラム)」は、コミュニティを軸にロイヤル顧客とダイレクトに繋がれるプラットフォームで、収益貢献の高いロイヤル顧客を生み出し、売上拡大をサポートします。

SaaS業界は広告宣伝費や開発費などの費用性投資が先行する傾向があり、これまでスタートアップ企業の費用性投資のための借入は難しい部分がありました。今回、同社サービスの実績等を国内の大手銀行4行が評価。無担保・無保証の条件で融資枠が確保され、新たにデットファイナンスによる資金調達を実施しました。

今回調達した資金は、主に「coorum(コーラム)」の事業拡大のための施策に投資していくとしています。

【株式会社Asobica 概要】
会社名:株式会社Asobica
所在地:〒141-0031 東京都品川区西五反田2-27-3 A-PLACE五反田ビル 8F,9F
代表者:代表取締役 今田孝哉
資本金:24億円(資本剰余金含む)
会社HP:https://asobica.co.jp
運営メディア:https://cxin.coorum.jp/

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,460フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事