アイレップ、連結子会社「アイレップフレール」を設立 居住地域に左右されないフルリモートの働き方を実現

株式会社アイレップが、広告事業の推進を目的とした連結子会社「株式会社アイレップフレール」を設立したことを発表しました。

アイレップは、クライアント企業のマーケティング成果を最大化する統合デジタルマーケティングエージェンシーです。1997年の創業以来クライアント企業の本質的なマーケティング課題に向き合い、戦略立案から施策実行まで支援してきました。

同社によると、今回連結子会社として設立された「アイレップフレール」には、働く場所を理由にデジタルマーケティングの仕事をあきらめないでほしいという想いが反映されているといいます。「アイレップフレール」では、国内に点在する高い専門知識や資質を有するデジタル人材が居住地域に左右されることなく活躍できるよう、フルリモート環境を提供しているとのことです。

アイレップフレールとは、Flexible(柔軟)+yell(応援)の造語。柔軟な働き方を実現しながらキャリアアップが図れるよう、関わる人々を支援・応援していくという意味が込められているとのことです。

※アイレップは博報堂DYグループの企業です。

【設立法人概要】

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,467フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事