アイモバイル、広告収益最大化を実現する「スマートタグ」提供開始

・アイモバイル、スマートタグ提供開始 ・スマートタグ、広告収益最大化を実現 ・スマートタグ、Googleポリシー違反検知可能

メディア デジタルメディア
アイモバイル、広告収益最大化を実現する「スマートタグ」提供開始

株式会社アイモバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野口哲也、東証プライム市場)は、パブリッシャーの工数削減と収益最大化を両立するワンタグ・ソリューション「スマートタグ」の提供を開始しました。

スマートタグは、1つのタグで広告設置、Googleポリシー違反検知や対応、広告枠の最適化や収益最大化、収益の異常検知までを実現するソリューションです。これにより、パブリッシャーが抱える複数の課題を迅速に解決し、作業工数削減を推進します。

スマートタグの導入事例では、パブリッシャーの広告収益が25%増加し、作業工数が約20%削減された実績があります。アイモバイルは、今後もスマートタグをハブに機能の追加や開発を行い、パブリッシャーグロースを実現します。

スマートタグの効果は、タグ張替が不要になること、Googleポリシー違反に自動対応すること、広告枠の最適化・収益最大化を実現すること、収益の異常検知機能を有することなどが挙げられます。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースも自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。(この著者の投稿にはAIで生成されたコンテンツが含まれますが、編集者の校正を経ています)

特集