斎藤佑樹氏、ミンカブ子会社の取締役に就任・・・少年野球メディアプロジェクトなどを予定

・斎藤佑樹氏、ミンカブ子会社の取締役に ・アスリートのネクストキャリア支援を提案 ・AI活用の少年野球メディア事業を展開

メディア デジタルメディア
斎藤佑樹氏、ミンカブ子会社の取締役に就任・・・少年野球メディアプロジェクトなどを予定

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下「当社」、本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO/CFO:瓜生 憲)は、子会社である株式会社シーソーゲーム(以下「SSG」)の取締役に元プロ野球選手の斎藤佑樹氏が就任したことを発表しました。

斎藤氏は、本日開催予定のSSG取締役会において、CIO(Chief Innovation Officer)に就任予定です。当社グループは、斎藤氏の元プロ野球選手としての経験と会社経営者としての視点を活かし、スポーツ事業に革新的な影響をもたらすことを期待しています。

SSGは、斎藤氏の提案によるアスリートのネクストキャリアのための取り組みや、AIを活用した少年野球メディア事業などの新サービス展開を図る予定です。具体的には、アスリートとネクストキャリアを考える新サービス『NEXT STORIES』(仮称)の展開や、AIを活用した少年野球メディアプロジェクトの発足が予定されています。

斎藤氏は、スポーツのとてつもないパワーに魅了され、その無限の可能性を信じる人たちの会社であるSSGに参画することで、人とスポーツを今よりもっと近づける取り組みを生み出すことができるとコメントしています。

同社はこれからの取り組みとして、アスリートのセカンドキャリアの道を拓くための支援や、野球少年少女にフォーカスを当てた取り組みを提案しています。これらの取り組みは、スポーツ界全体にとって見ればわずかなアクションかもしれませんが、それでも、アスリートをリスペクトする会社として、少しでもできることをという思いから始まったものです。

斎藤氏は1988年6月6日生まれ、群馬県太田市出身。早稲田実業学校高等部3年時の2006年、エースとして夏の甲子園に出場し全国制覇。「ハンカチ王子」として大フィーバーを巻き起こしました。その後、早稲田大学入学後も輝かしい成績を残し、数々の栄冠を獲得。アマチュア球界No.1右腕として2010年ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。しかし度重なるケガに悩まされ登板数も伸びず、2021年10月に引退を発表。そして引退後の12月に自らの会社・株式会社斎藤佑樹を設立しました。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースも自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。(この著者の投稿にはAIで生成されたコンテンツが含まれますが、編集者の校正を経ています)

特集